神戸大学天文研究会 2009年度 星まつり 

神話劇台本 原案2 「へびつかい座」



CAST(21人)
マーヤ
アスクレピオス
へびすけ
ケイロン
ヘビ子(みぃちゃん)
へび夫
蛇えもん
神様
町母親
町娘(女)
牛飼い

ヘルクレス
へびの舞子さん:1,2,3,4
バイ菌ルンルン:1,2,3,4         

Yo.ma
Na.ta
Ka.no
Ku.ge
I.i
O.hi
Ya.mi
Ma.na
Ma.ki
Ta.yu
Ka.na
Su.yu
Ma.yu
Na.chi E.chi A.ru I.hi
I.yu Fu.so

                  

                  
------------------------場面@-------------------------------------------------------------

マーヤ:
こんにちは♪私はマーヤ!六甲山掬星台に住む妖精で、毎年開かれるこの星まつりを楽しみにしているの。
さて次のプログラムは神話劇!
「へびつかい座」ってみんな知ってるかな。夏の星座のひとつなんだけど。
へびつかい座は、太陽の神であるアポロンとテッサリア王の王女コロニスの子供として生まれたの。
その名は、アスクレピウス!母親であるコロニスが亡くなったので、半分人で半分馬のケンタウロス族の偉人であるケイロンに預けられていたの。
猟・医術・音楽・予言術などあらゆる面に長けていたケイロンのもとで育ったアスクレピウス。
お医者さんの神でもあるアポロンの子だけに、特にケガや病気を治す医術に対して素晴らしい才能を発揮したそうよ。そんなアスクレピウスがどうして星座になったのでしょう。

ケイロン:
アスクレピウス!今日は、医者にとってかかせない「蛇の扱い方」を伝授するぞ。蛇は牙からでる毒を持っているが、その毒を上手く調整すれば病やけがに効く素晴らしい薬となるのだ。また、戦闘能力が高く、知恵もある蛇は、医者にとって欠かせない生き物なのだよ。

アスクレピウス:
へぇー。蛇ってちょっと怖いイメージがあったけど、仲良くなれたらいいな。

ケイロン:蛇夫、ヘビコ、蛇えもん、こっちへ来なされ。

(何匹かの蛇登場!)

へび夫:ケイロン!大変だ!!町はずれで、怪我している蛇を見つけました!!

ヘビコ:まだ小さな子どもの蛇なのにかわいそうに。助かるかしら。

アスクレピウス:しっぽに大きな刺し傷があるな。大丈夫、僕にまかせて!

蛇えもん:
おっ!この子が噂のアスクレピウスだな!
ケイロン。蛇にとって、子どもの頃に追ってしまう怪我は致命的なのだ。どうか、そいつを助けてやってくれ。

ケイロン:
アスクレピウス、その蛇を助けられたら、お前にとってその蛇が運命のパートナーとなるだろう。

---------------------場面A-----------------------------------------------------------------------

マーヤ:
アスクレピウスは、今まで習ってきた医術の全力をつくして、蛇の治療にあたりました。アスクレピウスの懸命な治療と介護により、大けがを負っていたその蛇はみるみる元気になりました。

(蛇夫たちと楽しそうに遊んでいるへびすけ。そこにアスクレピウスとケイロンが現れる。)


アスクレピウス:お前、めっちゃ元気になったな!もう大丈夫だ。お前さんの名前を「へびすけ」と呼ぼうと思う。

へびすけ:
アスクレピウス、おかげで、自由に動き回れるようになったよ。ありがとう。へびすけは、これから蛇としての能力を使ってアスクレピウスのお役に立っていきたいと思う。よろしく〜!!

マーヤ:へびすけと一緒に、ケイロンのもとで医術に武術にさまざまな修行をつんだアスクレピウスは、一人立ちをしました。

アスクレピウス:へびすけ、お前さんの毒を研究して、けがにも病にもスペシャルに効く薬を発明したぞ!!その名も「HAPPY」だ!!

へびすけ:これが僕の毒を使って作られた薬かあ!この薬で、病に苦しんでいる人や、ケガで痛い思いをしている人を癒せるといいな☆

アスクレピウス:さあ今日も元気にいってみよう。

へびすけ:アスクレピウスの旦那!!今日は南町の方からですね。

(トコトコ。)

---------------ヘビソード@------------------------------------------------------------------------

牛飼い:うー。どうしたらいいんだ。牛が谷から転げ落ちてケガをしてしまった。この足では仕事にならん。来年の夏までに仕事を終わらせて織姫に会いに行くという約束が果たせなくなってしまう。

アスクレピウス:お困りのようですな。このアスクレピウスが通りがかったからにはもう大丈夫!大船に乗った気でいなされ。

へびすけ:僕の出番ですね!

(へびすけが、舞台裏にはけ、大きな蛇となって出てくる。脱皮して。変身するということをしても良い。そして、患者である牛にむかっていく。そして、怪我してる足に向かって舌を伸ばし、ペロッとひとなめ。(人が入っている獅子舞みたいなものをあやつってやる。)
するとびっくりした牛が元気に走りだす!!)

牛:モーーーー!!!!!

牛飼い:これなら大丈夫そうだ。ありがとう、アスクレピウス。
--------------ヘビソードA-------------------------------------------------------------------------
(ギリシャ一の勇者ヘルクレスが、冒険中にケガをしているとこに遭遇。)

ヘルクレス:まだ僕には、12の冒険の内3つも残っている。こんなところでくたばるわけにはいかないんだ。

アスクレピウス:これはこれは英雄、ヘルクレスさま。たいそうなけがを負っていますな。しかも相当弱っていらっしゃる。

へびすけ:これは、アスクレピウスと僕の力を合わせても助かるかどうか・・・。

ヘルクレス:そんな!!世界一の名医と謳われるへびつかいアスクレピウスにも治せないなんて絶望的だ。

アスクレピウス:いゃいゃ!!まだ、治せないとは言っておらん。あきらめたら、そこでゲーム終了だよ。こんなときのために、丹精込めてつくっておいたアスクレピウス特製元気薬「HAPPY」があるんだ☆今こそ、この力をためすときじゃ。

へびすけ:そうか!!「HAPPY」があったか!よっし!!
アスクレピウスの医術の腕と、僕の蛇の魔力と、スペシャル薬用ドリンク「HAPPY」の効力で、がんばってみよう。

アスクレピウス:さぁ、ヘルクレス!希望を捨てるでない。これを飲むのじゃ!

ヘルクレス:アスクレピウスがそこまで言うなら、飲んでみるか…

ヘルクレスが「HAPPY」の入った小瓶をごくごく飲みほす。

そして、その間に再び蛇すけが大きくなり、蛇の舞子×4もでて、くるくるとまわりを踊る。アスクレピウスはせっせといつも通りの治療を施す。(ケガをメインに。)

ヘルクレス:おお〜!だんだん足の痛みがひいてきたぞ!それに気分もだいぶ良くなってきた。

アスクレピウス:これが仕上げじゃ!ちちんぷいぷいのぷいぃぃ〜〜〜〜〜〜!!!!!

ヘルクレス:えっ!!そんな古典的な!!

マーヤ:これは、アスクレピウスのものすっごいレベルの高いおまじないの一つ「ちちんぷいぷい!」であるが、ある意味患者にとって「ショック療法」になっている。
これまた治療に大成功!!
アスクレピウスとへびすけがルンルン気分で家に帰っていきます
------------ヘビソードB---------------------------------------------------------------------------

町の母親:アスクレピウス、助けてくれ!娘が三日三晩高熱を出し続けているの。私たちにはもうどうにもできないわ。このままでは死んでしまう。

(町娘が苦しそうにうめく。パタリと意識を失う。)
町母親:ああ〜。お願い、死なないでおくれ〜。(むせび泣く)

アスクレピウス:これは、熱病にやられてしまったのだな。待っていなさい。蛇すけと力を合わせてすぐになおしてさしあげます。さあ、へびすけ、蛇の舞だょ。

へびすけ:はい!!

(アスクレピウスはせっせと普通の看病をする。)

(ハッピーな曲が流れ、蛇の姿をした、きれいな踊り子が4人ほど患者の周りをひらひらと舞い、魔法にかかったように患者が起き上がる)。

町娘:お父さん、お母さん、頭がすっきりだ。くらくらもしないし。
町母親:娘が生き返った!!奇跡が起こったわ〜。さすが天下一のお医者様のアスクレピウスだわ。
町娘:アスクレピウス、へびすけ、ありがとう。
アスクレピウス:よかった。良かった。
------------場面B--------------------------------------------------------------------------------
アスクレピウス:さてはて!明日のために早いとこ寝るとしよう!明日もよろしくな。へびすけ。

へびすけ:へい!だんな!!

(アスクレピウスの夢の中。枕もとに神様がたつ。神様からのお告げ。)

神様:「アスクレピウス、おまえは、既に死んだものさえも生き返させられるほどの腕をもっているだろう。
しかし、生き返させることは、この人間の世界では絶対にやってはならない決まりとされている。人が死なないことになると、悪いことをする人間や争いごとをする人間が増え、この世界が大変なことになってしまうからだ。自然の掟にそむくことはしてはならぬ。よいな。決して、死んだものを生き返させてはならぬぞ。もしこれからも人を生き返らせるというならば、お前を生かしておくわけにはいかぬ。」

アスクレピウス:「神様、分かりました。」

----------場面C-----------------------------------------------------------------------------------
マーヤ:しばらく年月がたち、アスクレピウスの医術の技はますますレベルアップし、人々からすばらしい医者であると尊敬され、人々から慕われていました。

ヘビコ:隣街で、バイ菌ルンルンという病がおお流行りしている!!アスクレピウス、どうか助けてくれ!ケイロンも必死に看病しているが、あまりにもバイ菌が強くて、このままでは自分たちも倒れてしまいそうだ。

アスクレピウス:何!?バイ菌でケイロンが!!

へびすけ:アスクレピウス!!急いで助けに行こう!!
(走って舞台から一度はける。違う方向から走って登場)

----------場面D----------------------------------------------------------------------------------
マーヤ:ヘビコに連れられて隣町にやってきたへびすけとアスクレピウス。

アスクレピウス:これはひどい!!町がほぼかいめつじょうたいではないか。

(カビルンルンともバイキンマンともいえないショッカーたち(3人)がはびこっている。)
バイキンルンルン:ギーーーーーーッ!!俺たちのバイキンパワーをなめるなよ!!

へびすけ:よし!!へびたち、お前たちの舞でこのバイ菌たちをきれいさっぱりしちゃってくれ。
(へびたち(4人)とへびすけ(獅子舞も)とヘビコが必死に力を合わせて、バイ菌達と戦う。この人たちは舞台の外に降りてわさわさする。)
-------------場面E--------------------------------------------------------------------------------
(一方、アスクレピウスは、師匠であるケイロンが弱っているところを発見する。)

へび夫:アスクレピウス!!こっちに来てくれ!!ケイロンが!!

蛇えもん:私たちをかばってケイロンがやられてしまったんだ。。どうかケイロンを助けてくれ!!!

アスクレピウス:ケイロン!!大丈夫か??

ケイロン:アスクレピウス。すまぬ。ワシも年老いたのう。バイ菌ごときにやられてしまうとは。。

アスクレピウス:そんな。もっと早くここに来ていれば・・・。ケイロン諦めてはいけないよ。希望をもってくれ。私にとって、あなたはかけがえのない師匠なんだ。

ケイロン:お前は私にとって最高の弟子だ。医者というものは病人やけが人に対して、ただ治療を施せばいいというものではない。苦しむ患者たちを、心からいたわり、励まし、なぐさめて、身体だけではなく心から癒してやるのだ。それが本当の医術だ。アスクレピウス、お前にはそれができる。

(ぐったりとケイロンが倒れる。)

アスクレピウスは涙をぬぐい、ケイロンのもとを立ち去る。だが振り返り、

アスクレピウス:師匠・・・・・・、私には師匠を見捨てて立ち去ることはできません。私の命と引き換えにしてでも師匠を助けて見せます!!へびすけ!!

(急いで走ってやってきたへびすけ。)

へびすけ:アスクレピウス!!ケイロンが!!

アスクレピウス:ケイロンをどうしても助けたいんだ。。。

へびすけ:アスクレピウス、神様との約束を破ってでも師匠を助けるんだね。分かりました!力を集めましょう。

(そして、へびたちみんなが集まってくる中で、ちからのかぎりアスクレピウスが叫ぶ。)

アスクレピウス:ウォーーーーー!!(杖をふりかざす!)

ケイロン:あれま!

へび夫達:生き返ったぞ〜!!!バンザーイ!!すごいぞ、アスクレピウス。。

アスクレピウス:お師匠。よかった。

ケイロン:お前。
------------場面F---------------------------------------------------------------------------------
(そして、神様のご登場(お客さんから見て舞台右はじにとどまったまま))

神様:あれほど言ったではないか。アスクレピウス。私は、お前に雷光を打たねばならん!!

神様:てぃや!!!

ぐさっと、アスクレピウスの胸に命中する。

みんな:アスクレピウス〜〜〜。。

みんないったん舞台からはける。←はけないで、その場で静止の方がよいか。

マーヤ:
その後、アスクレピウスの死は、沢山の人々に悲しまれました。
神様としても、アスクレピウスがもつ、人や医術に対しての誠実さや行いを思い、夏の空へ、へびの星座と一緒に彼を迎えました。これが夏の夜空に浮かぶ蛇使い座になったということです。へびすけも一緒にね。

出演者、勢ぞろいして、
「ありがとうございました。」